[PR] 広告主様募集
PageRankについて
index支援アルファ
index支援・促進 / 被リンク獲得

PageRank

PageRankはGoogleのサイト評価で0〜10の数字で表されます。PageRankが高いからGoogleが評価しているかと言うとそうではないように思います。PageRankの低いサイトが高いサイトより検索時に上位表示される事は普通にありますので、PageRankを過大に評価する必要はありませんが基本的な事は知っておきましょう

リンクパワー
リンクパワーとはサイトの持つ力です。PageRankが0以上であれば必ずリンクパワーをサイトは持っています。このリンクパワーの大きさを11段階にグループ化したのがPageRankです

PageRank毎のリンクパワー
同じPageRankのサイトでもサイト毎の持つリンクパワーは同じではありません。リンクパワーの数値が○○〜○○の間にある場合にPageRank○となります。この○○〜○○の値は、最小と最大では約6倍の開きがあります。それ以上リンクパワーの場合は1つ以上、上のPageRankになります。つまり、リンクパワーはPageRankが1つ違えば平均で約6倍。2つ違えば約36倍。3つ違えば約216倍と約6倍ずつ増える事になります

リンクパワーの割り振り
サイトの持つリンクパワーはそのページ内の内部、外部の全てのリンク先に均等に割り振られます。nofollow等でindex制限をしていても割り振られる筈のリンクパワーが消滅するだけで、他のリンク先のリンクパワーが増える事はありません

被リンク
サイト外に自サイトのリンクがあるのが被リンクです。この被リンク先のサイトがリンクパワーを持っている場合に自サイトはリンクパワーを得ることになります。当然、PageRankが高い方がリンクパワーは大きく、リンク数が少ない程、自サイトの受けるリンクパワーは多くなります。この様にして集めたリンクパワーの合計が対応するPageRankになります

PageRankの更新
2013年以前は数ヵ月毎に大規模なPageRank更新がありました。一般的には殆どのサイトがこの大規模更新時にPageRankが上下していましたが2014年は大規模更新は一回もありませんでした。Googleはしばらく更新予定はないとしていますので、以前からの噂さのようにこのままPageRankを廃止するのか?更新がいつか有るのか?2015年はハッキリとした結論が出そうに思います

PageRankがNA
リンクパワーを持たないサイトにPageRank-NAがあります。新規にサイトを作成してGoogleがまだindexしていないサイトや、まだPageRankの更新を一回も経過していないサイト。そして、Googleに何らかのペナルティを受けたサイトがあります

PageRankの重要性
PageRankの仕組みを理解出来ればPageRankをUPさせる事は難しくありません
高PageRankのサイトと相互リンクを行うダケで簡単にPageRankは上げられます。そんなPageRankにどんな意味があるのか?管理人でも疑問に思うのですからPageRankを決定するGoogleも問題視していると考えるのが普通です。実際ペンギンアップデートと言われるアルゴリズムの変更で一部の相互リンクを目的にしたサイトはペナルティを受けました。また、年に3回程度行われていたPageRankの大規模更新は2013年度が2回、2014年度に至っては7月末時点で1回もありません
今後、PageRankが廃止されるのかは未定ですが、PageRankに対する過度な期待はしない方が良いでしょう


ソindex支援アルファ
ホームページ

(C)INDEX-α
by baobao