[PR] 広告主様募集
アクセス
index支援アルファ
index支援・促進 / 被リンク獲得

アクセス

アクセスの中心は検索エンジンを使ったキーワード検索です。検索エンジンは検索キーワードに最も重要と思われるサイトから表示します。その為にアクセスをアップさせるに検索キーワードに対して何れだけ自サイトが重要かを知ってもらう作業が重要です。コンテンツ量や検索キーワード、被リンクを意識したサイト作成がサイト作成の中心になります

検索キーワード

検索時のキーワードで表示される順位は前もって決まっており、この順位は日々変動します。順位を決める要素は沢山ありますが、基本はサイト内容を検索エンジンに知らせる事です。

サイト名@
名は体を表すって諺があります。サイトも適切なサイト内容を表すサイト名が必要で、サイト名に含まれる検索キーワードが最も強くなります
どんなキーワードで検索されたいか?を考えて必ずキーワードをサイト名に入れましょう
サイト名は前から検索キーワードとして強くなります。例えば、●●●の★★★と言うサイト名の場合は●●●の方が検索キーワードとしては重要とされます

サイト名A
同じ検索ワードを目的にしたサイト名は沢山あります。それらの中から上位表示させるのは難しくなります
そこで隙間的な検索ワードを使う必要もあります。また、検索ワード+検索ワードの複合も必要になります
当サイトはINDEX支援/促進アルファで、分解するとINDEX+支援+促進+アルファになります。INDEXは様々なサイトが利用しているビッグワードでINDEXでの上位表示は難しくなります。この為にINDEX+支援の複合キーワードが重要になり、これで上位表示されなければINDEX+促進では尚更、上位表示は難しくなります。また、INDEXをインデックスにするだけでも表示順位は変わります

重要タグ
※見出しタグ
サイト構成上外せないタグが見出しタグです。<h1>・<h2>・<h3>・・・<h6>となりますが<h1>はタイトル名に使われる事がほとんどですので1ページに1つ。<h2>は2つ以上にし、<h3>以降はひとつ上の見出しより多くしなければなりません
htmlでは<h>タグの文字サイズを変更すると文法違反になりますがxhtmlでは可能となりますので注意

※強調タグ
強調タグは<strong>と<em>の二種類。<strong>が<em>より強くなりますが何れも使い過ぎに注意

※その他
文字サイズや文字色を変えるのも効果が有るとされます

サイト説明文
サイト説明文の中にも必ず検索キーワードを含ませましょう
head設定が出来る場合ははmeta name="description"に検索ワードを入れた説明文にします

サイト内検索キーワード
サイト内のテキストにも必ず検索キーワードを入れましょう。テキスト量に対し一定量のキーワードが有ればキーワードの内容のサイトと判断されます。但し、検索キーワードの羅列や背景色と同色の文字色を使うとペナルティの可能性がありますので常識の範囲で

画像に検索キーワード
検索エンジンは画像が何の画像か判断できません。そこでalt属性に短い説明文を入れますが、ここに検索キーワードを入れることも可能です

内部リンク
テキストリンクに詳細や戻る、TOP等の同じテキストを記述していませんか?
●●●(サイト名)の詳細、●●●(サイト名)に戻るにするのも方法です

コンテンツ

様々なテクニックを駆使しても最終的にはサイト内容です。Googleもコンテンツ(子ページ)数の増減と内容を定期的にチェックしていますし、サイト訪問者にもコンテンツの充実したサイトは魅力があり再訪にもつながります
コンテンツ内のテキスト量も十分なければなりません

更新
サイトは最初から完成されている事はなく、サイト内容を更新していく事で完成に近づいていきます。更新頻度の高いサイトは検索エンジンも評価が高くなりますので出来るだけ更新は行いましょう

無料レンタルスペースのタイプは?
多くのサイトが無料レンタルスペースで作成されていますが、どのタイプの無料レンタルスペースを利用するかでコンテンツが無意味になる場合があります
SEO対策上、無料レンタルスペースの機能に問題があれば無料レンタルスペースの変更も視野に入れましょう

静的ページ・動的ページチェック
子ページ(コンテンツ)がいくら素晴らしくてもGoogle等の検索エンジンがindexしてくれなければ意味がありません
子ページが動的ページになる無料レンタルスペースは子ページを幾ら作成してもGoogleは子ページとしてindexしない場合があります。つまりコンテンツを充実させても評価されないことになります。動的ページでもindexされる場合もありますが動的ページの評価は低くなります
サイトURLに=・%・&が含まれていれば動的ページの可能性が高くなりますので確認してください(?guid=onの=は除く)

被リンク

外部対策で特に重要になるのが被リンクです。外部にリンクがないとサイトへの訪問者は見込めません。またロボット型の検索エンジンは被リンク先の内容、コンテンツ内容等でサイトを評価します。優良なサイトからリンクされているサイトは優良サイトに違いないとされると訳です

検索エンジン
検索エンジンにはロボット型とデレクトリ型(登録型)があります。ロボット型は被リンクがあれば自然と登録されますが、デレクトリ型は自分で登録します

ランキングサイト
ランキングサイトはサイトからのアクセスを競うサイトです。アクセスアップの定番ですが被リンクを獲得出来る場合もあります
ランキングサイトの順位は定期的にリセットされます。リセット後に素早く自分でINを入れて1ページ目に表示させましょう。

相互リンク
サイト運営の基本はコンテンツの充実と被リンク獲得です。被リンク獲得は相互リンクが必須ですが動的ページでの相互リンクは避けること。動的ページでもアクセスの多いサイトならアクセスは見込めますが、少なければメリットは少なくなります

ページランク
ページランクはGoogleのサイト評価です。高いページランクのサイトからの被リンクを集めれば自サイトのページランクも上がります
つまり、被リンクさえ集めればサイト内容は関係なく高いページランクになります。この様なページランクに意味があるとは思いません。当然、ページランクが高いから検索順位が上がる訳ではありませんのでページランクへの過大な期待はしない方が良いと思います。

nofollow
nofollowとは検索エンジンにそのリンクを辿らないように指示するタグです。以前は検索エンジン最適化手法の1つとして利用されていましたが、Googleの仕様変更でnofollowを検索エンジン最適化に利用する重要度は低くなりました。相互リンク時のチェックや自サイトにデメリットになる可能性のある掲示板等に利用する以外は特別意識する必要はありません

自動相互リンクサイト
PageRankをUPさせるのに手軽なのが自動相互リンクサイトの利用です。高PageRankが多いので簡単に自サイトのPageRankをUPさせられます。しかし、この様なサイトからの被リンクをGoogleは評価しない方向に舵を切りました。全ての自動相互リンクサイトが対象では無いように思いますが、利用には注意が必要です。定期的に自サイトのリンクが置かれているページのPageRankチェックは行いましょう


ソindex支援アルファ
ホームページ

(C)INDEX-α
by baobao