Googleアルゴリズム
index支援アルファ
index支援・促進 / 被リンク獲得

Googleアルゴリズム

Googleの検索時の表示順位は様々な条件を元に決定されます。この条件をアルゴリズムと言います
このアルゴリズムが変更されると影響を受けるサイトが出てきます。検索ワードAで昨日まで表示順位が1位だったサイトが100位以下になったり、場合によってはペナルティを受けて表示すらされない可能性もあります。検索順位が大幅に変わった場合はアルゴリズムの変更の可能性があります

パンダアルゴリズム

パンダアルゴリズムはサイト内容に関するアルゴリズムで、他サイトのコンテンツをコピーしたダケのサイトであったり、独自の内容や専門的な内容がないサイト等の低品質なサイトの検索順位を下げるものです
また、過剰なSEO対策をしたサイトも同様の処置を受けます

ペンギンアルゴリズム

パンダがサイト内容に関するアルゴリズムなのに対しペンギンは外部リンクを含む過剰なSEO対策を行ったサイトに関するアルゴリズムです。被リンクやSEOはサイト運営の柱ですから影響は大きくなります
Googleが嫌うのはSEO対策として被リンクを売買する行為や、SEO目的の為だけに不正なリンクを集める行為、過剰なSEOを施す行為等です

ハミングバード

Googleによるとハミングバードは検索に対してのアルゴリズムです
従来の検索は検索ワード〇、●、★の3つの検索ワードの場合は〇、●、★の含まれるサイト■を重要度の高い順に表示していました。ハミングバードでは『〇の●で★したい』の質問文を検索した場合に文面から一気に■を表示するものです
自然言語の質問文(会話型)に対して最適なサイトを検索し表示するアルゴリズムになります
Googleはハミングバードによりサイトの90%が影響を受けると発表しています

SEOについて

検索エンジン最適化はSEOとも言われ、その手法は様々なサイトで解説されています。ではSEOをGoogleは批判しているかと言うとそうではなく、むしろ推奨しています。但し、正当な方法での条件が付きます
SEOはGoogleがサイトはこう有るべきだとの考えに沿って行われます。つまりキチンとSEOを行っているサイトは評価が高いのは当然と言えます
しかし、SEOの仕組みが理解されてくるとGoogleが望まない方法を駆使してSEOをするサイトが出てきました。また、時代の進歩にも対処する必要があります。この為にGoogleはアルゴリズムのアップデートを行う必要があります

ソindex支援/促進アルファTOP
ホームページ

(C)INDEX-α
by baobao